知らなかった!建て売りと注文住宅の大きな違い

建て売りはスピーディな入居が可能

一戸建てを購入するなら、建て売り住宅か注文住宅かを選択することになります。
建て売り住宅とは、売る側の決めた仕様で建てた建物と土地を、一緒に販売している住宅のこと。別名分譲住宅とも言います。
建て売り住宅の一番のメリットは、すぐに購入、入居ができるという点です。既に建物が出来上がっているのでスムーズに動くことが可能。特に仕事の都合や子供の新学期など、スピードを重視したい人にとってはうってつけです。また、土地代と建物代で価格がしっかり決まっているため、ローンの相談がシンプルだと言うメリットもあります。
反面、出来上がった家を購入することになるので、間取りやテイストなど、どこかしら気に入らない部分が出てきてしまうのも事実。入居を急ぐ場合もよくチェックする必要があります。

こだわるなら断然注文住宅

注文住宅とは、買う側が建物の設計から関わる家のことです。間取りやテイストはもちろんのこと、構造や設備などすべて希望通りにすることができるので、自分だけの納得できる家づくりをすることができます。予算をいろいろと振り分けることも可能で、寝室はこだわらない分キッチンは最新式を、ということもできます。建設現場に自ら足を運び、質問ができると言う点も、安心という観点から見ると大きなメリットと言えるでしょう。
注文住宅のデメリットは、家が出来上がるまでに時間がかかるという点です。そのため、今すぐ入居したいという人には向きません。またこだわりすぎていつまで経っても進まない、予算をオーバーしてしまうというのもよくある失敗なので、注意が必要です。

分譲住宅は予算を抑えて購入したい人や事前にしっかりと見学して購入したい人におすすめの住宅です。また、すぐに購入できるというメリットもあります。